恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グレープフルーツのアロマオイル

学名 Citrus paradisi
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法
ノート トップノート(立ち上がりの早い香り)
原産地 イスラエル
代表的な成分 リモネン、ヌートカトン

グレープフルーツの学名はCitrus paradisiです。
パラダイスの名のとおり、グレープフルーツの香りは、気持ちを明るく穏やかにしてくれます。
気分をリフレッシュさせるその甘い香りには、かすかな酸味と苦みとが同居しています。

もとより人気の高い香りなのですが、最近の研究でグレープフルーツの香りとダイエットとの相関関係が指摘されてからは、更にその人気に拍車がかかりました。
ほかの柑橘系の精油の例にもれることなく、グレープフルーツは人の食欲に大きな関わりをもつと言われます。
食べ過ぎの人にとってはこの香りが食欲をほどよく調節してくれますしs、摂食気味の人にとってはこの精油がもう一度、食べることの喜びを教えてくれると思います。

グレープフルーツの精油の分泌腺は果皮のなかに深く埋まっているため、レモンやオレンジと比較して精油の抽出量は少な目になります。

スポンサーサイト

PageTop

クラリセージのアロマオイル

学名 Salvia sclarea
科名 シソ科
抽出部位 花と葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート ~ ミドルノート
原産地 ハンガリー
代表的な成分 酢酸リナリル、リナロール、スクラレオール

クラリセージという名前は、明るいとか清浄なという意味のラテン語であるクラルスに由来しています。
これは、このクラリセージのもつ液が、目を洗うのに使用されていた為だと言われています。
クラリセージの精油は、小さな花と、大きなハート型の葉の部分から水蒸気蒸留法によって抽出されます。

深みのある、濃厚な香りです。
その為、一度に多量に使用すると頭痛などの原因となることもありますので、注意して、最初はごく少量を使う方が良いと思います。
また、車の運転のように何かに集中しなければならない場合や、妊娠中は、この精油を使用するのは控えましょう。

PageTop

カモミールジャーマンのアロマオイル

学名 Matricaria chamomilla
科名 キク科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
原産地 イギリス
代表的な成分 ビサボロール誘導体、カマズレン

カモミールという言葉は、ギリシャ語で大地のりんごをあらわすカマイ・メロンという言葉が語源だといわれています。
植物としてのカモミールには存在せず、精油として抽出したもののなかにだけ存在するカマズレンという成分がこの精油の最大の特徴となります。
美しいブルーの色がとても印象的です。

古代エジプトの僧侶は、このハーブが精神状態に対して力を発揮することを既に知っていました。
現在では、気分をリラックスさせるハーブティーとして、または化粧品や香水の原料として利用されています。

カモミールの精油には、カモミールジャーマンとカモミールローマンのニ種類があります。
カモミールジャーマンにはスキンケアに役立つカマズレンが多く含まれ、カモミールローマンには心をリラックスさせるエステル類が多く含まれています。

PageTop

カモミールローマンのアロマオイル

学名 Anthemis nobilis
科名 キク科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
原産地 イギリス
代表的な成分 アンゲリカ酸エステル

ほのかに甘く、ゆったりとした安らぎを与えるような柔らかい香りを持つのがカモミールローマンです。
眠りを誘うハーブティーとしても有名なキク科の植物のひとつになります。
30センチから50センチほどの丈に生育する植物で、精油は白く小さい可憐な花から、水蒸気蒸留法で抽出されます。

この精油はよく大阪 マッサージでも使用されますが、母のような優しさを持つ香りという表現をされてきました。
ピーターラビットの絵本の中で、子ウサギがお腹をこわしたときに、母ウサギが子ウサギに飲ませた飲み物がカモミールティーでした。
そういったエピソードからも、この植物の持つマッサージ 福島区のような優しさがうかがえます。

カモミールの精油には、カモミールジャーマンとカモミールローマンのニ種類があります。
カモミールジャーマンにはスキンケアに役立つカマズレンが多く含まれ、カモミールローマンにはこころをリラックスさせるエステル類が多く含まれています。

PageTop

オレンジのアロマオイル

学名 Citrus sinensis
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法
ノート トップノート
原産地 イタリア
代表的な成分 リモネン、ネロール、シトラール

オレンジは中国やインドが原産です。
しかし今では地中海地方や南米など世界各国の幅広い地域で栽培されています。
オレンジには、スイートオレンジとビターオレンジという2つの種類があるのですが、通常、日頃から精油としてポピュラーな親しみを持っているのはスイートオレンジの方でしょう。
ビターオレンジの精油と比較すると、スイートオレンジの方が、甘く明るい印象の香りと感じると思います。

その一方で、ビターオレンジの木からは様々な精油が抽出されます。
果皮からはやや苦味がある新鮮なビターオレンジ。
枝や葉からは若干木の香りを感じさせながらもあくのないプチグレン。
花びらからは落ち着いたフローラルな香りを放つ貴重な精油であるネロリが得られます。

オレンジは昔から無垢と多産の象徴ともされます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。