FC2ブログ

恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

間違ったマッサージをしない為に

マッサージの初心者さんの方に、
ありがちなことなのですが、
たかがマッサージだと軽く考えて
自己流でマッサージをするとトラブルの元になります。

ネットで得た知識だけを頼りにして、
マッサージをしてしまうと筋肉や
リンパ液の方向を無視して
マッサージしてしまうことがあります。

特に、力加減が分からない方が多いので、
強すぎるマッサージをして、
余計に症状を悪化させてしまう方がいます。

マッサージを行う時は、しっかり正しい方法を調べて、
場合によっては、プロの方に相談する必要があります。

もし、ネットで調べる場合はマッサージについて、
詳しく書かれていて信頼出来る
サイトを参考にするようにしましょう。

スポンサーサイト

PageTop

アボカドのキャリアオイル

未精製のアボカドオイルは非常に栄養価が高いキャリアオイルなのです。
特徴的な濃厚な質感で、体内では合成されない必須脂肪酸やビタミン類を多く含んでいます。
角質への浸透力も他のキャリアオイルよりも高いため、乾燥肌や成熟肌のフェイシャルマッサージに最適です。

未精製のアボカドオイルは、貴重な栄養分がそのまま残っているのですが、粘性が高くて重たいタイプのオイルなので、単独で使うとあまり滑りがよくありません。
また、匂いもやや強いので、一般的には、他のキャリアオイルに5~10%程度の割合で加えて使用することが多いですね。
もちろん、単独で使用しても結構なんですが。
ちなみに精製されたアボカドオイルは匂いが取り除かれています。
もしも希釈するエッセンシャルオイル(精油)の香りを壊さずアボカドオイルを使用したいのならば、精製アボカドオイルを使うと良いでしょう。

未精製のアボカドオイルは、低温になる沈殿物を生じますが、これは栄養分が豊富に残っている証拠です。
さらに低温下で保存すると固まり、室温で再び液体に戻ります。
葉緑素のクロロフィルを含むので、キレイなエメラルドグリーンをしています。

食用としてもおなじみのアボカドの実を、新鮮なうちに皮を剥いでから乾燥させ、水分を取り除いた後に、粉末状にして圧搾することでオイルが得られます。

[PR]
マッサージ 出張 東京
出張マッサージ 五反田

PageTop

スイートアーモンドのキャリアオイル

スイートアーモンドは、アロマテラピーで最もよく使われる部類の代表的キャリアオイルです。
心地よい滑らかな肌触りで、馴染みがよいので、非常に使いやすいです。
ですので、初めてアロマテラピーマッサージをする方は、まずスイートアーモンドオイルを使うことを推奨します。

ほのかに香ばしいアーモンドの匂いがするものの、全般的にはクセがなく、精油の香りを壊してしまうことはないでしょう。

スイート・アーモンドオイルにはオレイン酸、リノール酸、ビタミンB、Eなどの栄養分を豊富に含んでいます。
そして、乾燥肌には特に適していますね。
また、数あるキャリアオイルの中でも最もマイルドな部類でもあります。
ベビーマッサージをする場合は、スイートアーモンドを使うとよろしいでしょう。

また、化学成分的には、アプリコットカーネルオイルに良く似ています。

スイートアーモンドオイルは安価でありながら、肌に対する有用な特性があります。
そのうえ、無刺激・無感作のため、現在では基礎化粧品などの原料としてもよく利用されています。

{PR}
出張マッサージ 港区
新宿 マッサージ

PageTop

キャリアオイルとは

キャリアオイルは、アロマセラピーにおいて、主に精油を希釈するための植物油のことを言います。
精油を使ってマッサージオイルを作る際に使われる二次的原料と言うことですね。
精油は基本的に非常に高濃度であって希少であるので、原液のままでは強すぎて皮膚に直接使用することができないので、キャリアオイルで希釈するのです。

キャリアオイルの名前は、精油の成分を体の中まで運ぶという意味で、キャリアの名前がつけられたと考えられています。
別名はベースオイルです。
ただしこの別名、普通は精油をベースにしてキャリアオイルの種類を考えて選ぶので、イメージとしては逆ですね。

主なキャリアオイルは、
・ホホバオイル
・スイートアーモンド油
・グレープシードオイル
・オリーブ油
・マカダミアナッツ油
・小麦胚芽オイル
・植物性スクワラン
などです。

アロママッサージをするには必要不可欠なものなので、忘れずに買っておきたいものですね。

PageTop

精油の保存と使用期限

いざ、アロマテラピーを始めて、精油(エッセンシャルオイル)を手にすると、どのように保存しておけばいいのかという疑問がわいてくるのではないでしょうか。
精油にも使用期限はありますので、そちらも気になるところだと思います。
ここでは、その目安を解説します。
プロの東京 マッサージ店などでも教えてくれるかもしれませんね。
しかし、そう難しいことでもありません。
ぜひ、覚えていてくださいね。


精油の保存法に関してですが、精油は揮発性なので、酸化すると品質が劣化するという特徴を持っています。
ですので、酸素にできるだけ触れさせないようにするのがポイントです。
ふたはしっかりと閉めて保存してくださいね。
同時に熱や光にも弱いので、遮光性のある褐色のビンで、直射日光を避け冷暗所にて保存するのが良いです。
夏場などは冷蔵庫に保存しておくと言う方法もあります。
そして火気厳禁であることも忘れないでください。

精油の使用期限に関しては、基本的に1年間という目安がありますが、それは種類によって変わってきます。
開封後は、その目安までに使い切るようにしましょう。
よく聞くのは東京 出張マッサージでは、その辺りを非常に厳しく管理していたりするということですね。
では、目安ですが、柑橘系なら半年、希釈用ホホバ油も半年、すでに希釈したマッサージ用オイルなどは、2週間くらいで使ってしまいましょう。
目安はあくまで目安なので、できれば早目に使いきりたいものですね。
場合によっては、ミニサイズなどで購入するのも良いかと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。