恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

匂いを嗅ぐだけで?

アロマテラピーは精油(エッセンシャルオイル)の香りを嗅ぐことで効果を得るのですが、これは少し不思議ではありませんか?

匂いを嗅ぐだけで体調などに影響があるものなのでしょうか?

それをこれから解説していきます。

精油は揮発性ですので、匂いがするということは、揮発した香りの分子が空気中を漂っているということです。

匂いを嗅ぐという行動は、香りの分子を鼻から吸収するということになります。

鼻から吸収した香りの分子は、鼻の奥にある上皮というところに到達すると嗅細胞で電気信号に変換されます。

変換された伝記信号は嗅神経から大脳辺縁系を経由し、視床下部の脳下垂体へ伝達されます。

つまり、信号は脳へと届くということですね。

脳下垂体では、自律神経やホルモンや免疫を統括しています。

ここへ信号が来たわけですから、その香り分子に対応した生理活性物質が分泌されます。

これがアロマテラピーの仕組みです。

わかりづらければ、もっとシンプルに「美味しそうな匂いを嗅いだらお腹が空いてきた」とか「キツイ匂いを嗅ぎ続けると頭が痛くなってきた」といった事象で考えてみるとよいかもしれません。

PageTop

アロマテラピーとは

私達は、いろいろな方法で植物の効能をいろんな形で日常生活に取り入れてきました。
ハーブやスパイスや漢方薬など。アロマテラピーも、その中の一つです。

植物の芳香物質を取り出し、その香りを嗅いだり
薄めてマッサージに使用したりして、
健康や美容に活用していこうというものです。

ちなみに、アロマテラピーは治療行為や医療行為でないんです。
植物から抽出した濃度の高いエッセンシャルオイル(精油)を使いますが、
エッセンシャルオイルも薬ではありません。

アロマテラピーの方法はたくさんありますが、
オイルマッサージ、アロマバス、芳香浴、などに多く使われています。
その他にも、化粧水やルームスプレーなどを手作りすることもできます。

日常でアロマテラピーを活用するなら、ティッシュに精油を一滴落として香りを嗅いだり、
花粉対策や風邪にルームスプレーを作ってたり、オリジナルのコロンを作ったりできます。

リラックス効果もあるので心も癒されます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。