恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カモミールジャーマンのアロマオイル

学名 Matricaria chamomilla
科名 キク科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
原産地 イギリス
代表的な成分 ビサボロール誘導体、カマズレン

カモミールという言葉は、ギリシャ語で大地のりんごをあらわすカマイ・メロンという言葉が語源だといわれています。
植物としてのカモミールには存在せず、精油として抽出したもののなかにだけ存在するカマズレンという成分がこの精油の最大の特徴となります。
美しいブルーの色がとても印象的です。

古代エジプトの僧侶は、このハーブが精神状態に対して力を発揮することを既に知っていました。
現在では、気分をリラックスさせるハーブティーとして、または化粧品や香水の原料として利用されています。

カモミールの精油には、カモミールジャーマンとカモミールローマンのニ種類があります。
カモミールジャーマンにはスキンケアに役立つカマズレンが多く含まれ、カモミールローマンには心をリラックスさせるエステル類が多く含まれています。

スポンサーサイト

PageTop

カモミールローマンのアロマオイル

学名 Anthemis nobilis
科名 キク科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
原産地 イギリス
代表的な成分 アンゲリカ酸エステル

ほのかに甘く、ゆったりとした安らぎを与えるような柔らかい香りを持つのがカモミールローマンです。
眠りを誘うハーブティーとしても有名なキク科の植物のひとつになります。
30センチから50センチほどの丈に生育する植物で、精油は白く小さい可憐な花から、水蒸気蒸留法で抽出されます。

この精油はよく大阪 マッサージでも使用されますが、母のような優しさを持つ香りという表現をされてきました。
ピーターラビットの絵本の中で、子ウサギがお腹をこわしたときに、母ウサギが子ウサギに飲ませた飲み物がカモミールティーでした。
そういったエピソードからも、この植物の持つマッサージ 福島区のような優しさがうかがえます。

カモミールの精油には、カモミールジャーマンとカモミールローマンのニ種類があります。
カモミールジャーマンにはスキンケアに役立つカマズレンが多く含まれ、カモミールローマンにはこころをリラックスさせるエステル類が多く含まれています。

PageTop

オレンジのアロマオイル

学名 Citrus sinensis
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法
ノート トップノート
原産地 イタリア
代表的な成分 リモネン、ネロール、シトラール

オレンジは中国やインドが原産です。
しかし今では地中海地方や南米など世界各国の幅広い地域で栽培されています。
オレンジには、スイートオレンジとビターオレンジという2つの種類があるのですが、通常、日頃から精油としてポピュラーな親しみを持っているのはスイートオレンジの方でしょう。
ビターオレンジの精油と比較すると、スイートオレンジの方が、甘く明るい印象の香りと感じると思います。

その一方で、ビターオレンジの木からは様々な精油が抽出されます。
果皮からはやや苦味がある新鮮なビターオレンジ。
枝や葉からは若干木の香りを感じさせながらもあくのないプチグレン。
花びらからは落ち着いたフローラルな香りを放つ貴重な精油であるネロリが得られます。

オレンジは昔から無垢と多産の象徴ともされます。

PageTop

イランイランのアロマオイル

学名 Cananga odorata
科名 バンレイシ科
抽出部位 花
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
原産地 マダガスカル
代表的な成分 リナリール、酢酸ベンジル

イランイランという言葉は、花の中の花という意味のマレー語アランイランからきています。
これは木からぶら下がったかたちで咲く花の姿を指して言ったものです。
大阪 オイルマッサージでも御馴染みのイランイランの精油は、一年中花を咲かせるこの木の、黄色い花から抽出されます。

とても重厚で甘くインパクトのあるフローラルな香りは、沈み込んだ心を強く捉え、明るく引き上げてくれるでしょう。
また、浮き足立った気持ちや、焦る気持ちを抑えてくれる力もあります。

インドネシアの新婚のカップルが初夜を過ごすベッドにイランイランの花をまき散らすという風習もあります。
これはイランイランの香りがムードを高めると考えられているからです。
ただし、香りが非常に強いので、たくさんの量を一度に使うと、頭痛や吐き気などを引き起こすこともありますので気をつけましょう。
アロママッサージ 大田区からの注意です。

PageTop

ココナッツのキャリアオイル

ココナッツオイルの原料となるココヤシは、南の島の風景で御馴染みの熱帯の樹木です。
およそ25メートルほどにまで生育し、木の先端部にのみ最長4メートルから5メートルもの長い葉をつけます。
インド洋が原産地とされ、マレーシアから太平洋のポリネシアに広がっていったと推測されています。

ココナッツオイルは、とても軽くさらさらとした質感のキャリアオイルです。
無色で、ほんのかすかにココナッツの香りがする程度のほぼ無臭でエッセンシャルオイル(精油)の香りを邪魔することがないのが特徴です。
そのため、ボディマッサージ、ハンドマッサージのほかにも、髪や頭皮のマッサージにも適したキャリアオイルとなっています。
紫外線を遮断する特性から、サンオイルの原料としても広く使われている植物油です。

無臭で酸化安定性もとても高いことから、手作り香水の原料としても大変適しています。
ココナッツオイルを使用すれば、無水エタノールを使ったときよりも、より柔らかくマイルドな香りの香水がつくれます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。