恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

精油(エッセンシャルオイル)の作用

精油(エッセンシャルオイル)にはどういった作用があるのでしょうか?

まず生理作用があげられます。
香り分子は、鼻から脳下垂体へと伝えられ、自律神経系・内分泌系・免疫系にメッセージが伝わります。
例えばカレーの匂いを嗅いだらお腹が空いたなんてことありませんか?
そういった作用があります。

次に心理作用です。
科学的には、感情をつかさどっている大脳辺縁系に香りの分子が伝わってることを示します。
もうひとつ、記憶をつかさどる海馬にも伝わるので、香りと記憶が結びつくことも心理作用です。
なんだか懐かしい香りとか、落ち着く香りとかいったのは、昔の記憶と結びついてる場合が多いです。
科学とは離れた部分では、香りの持つイメージがあります。
不思議なことにそのイメージは多くの人が共通して持つものらしいです。

抗菌作用もあります。
元々、動くことのできない植物が持っている自衛的な作用を得られるのです。
抗菌、殺菌、抗カビ、抗ウイルス、虫よけといった作用があります。

最後は調節作用です。
自律神経に働きかけることにより、生体機能を調節してくれるのです。
人間の持つ自然治癒力を高めると言い換えてもよいかもしれません。
有名な話では、時差ボケ防止に国際線の客室乗務員がラベンダーを活用したりしています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。