恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

精油の保存と使用期限

いざ、アロマテラピーを始めて、精油(エッセンシャルオイル)を手にすると、どのように保存しておけばいいのかという疑問がわいてくるのではないでしょうか。
精油にも使用期限はありますので、そちらも気になるところだと思います。
ここでは、その目安を解説します。
プロの東京 マッサージ店などでも教えてくれるかもしれませんね。
しかし、そう難しいことでもありません。
ぜひ、覚えていてくださいね。


精油の保存法に関してですが、精油は揮発性なので、酸化すると品質が劣化するという特徴を持っています。
ですので、酸素にできるだけ触れさせないようにするのがポイントです。
ふたはしっかりと閉めて保存してくださいね。
同時に熱や光にも弱いので、遮光性のある褐色のビンで、直射日光を避け冷暗所にて保存するのが良いです。
夏場などは冷蔵庫に保存しておくと言う方法もあります。
そして火気厳禁であることも忘れないでください。

精油の使用期限に関しては、基本的に1年間という目安がありますが、それは種類によって変わってきます。
開封後は、その目安までに使い切るようにしましょう。
よく聞くのは東京 出張マッサージでは、その辺りを非常に厳しく管理していたりするということですね。
では、目安ですが、柑橘系なら半年、希釈用ホホバ油も半年、すでに希釈したマッサージ用オイルなどは、2週間くらいで使ってしまいましょう。
目安はあくまで目安なので、できれば早目に使いきりたいものですね。
場合によっては、ミニサイズなどで購入するのも良いかと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。