恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アロマテラピーの歴史と意義

1928年。
フランスの化学者ガット・フォセが著書の中で最初にアロマテラピーという言葉を使いました。
1985年。
日本では、イギリスのアロマテラピー研究家であるロバート・ティスランドの著書が翻訳されました。

そして、アロマテラピーは普及しはじめます。

しかし、実際のところアロマテラピーは、実に3000年以上の歴史をもっているのです。
つまり、植物を利用した処方と言うのは、人間の歴史とともにあったわけです。
それは東洋西洋問わず、書物などの記述で見て取れます。

そんなに古くからアロマテラピーは活用されていました。
植物は、私たちにとって、とても身近なものなのですから。

17世紀にはイギリスのカルペパーやジェラードなどの薬草学者が活躍し、ハーブ医学の黄金期を迎えます。
それもまた、近代医学の波に飲み込まれていきます。

いや、飲み込まれたように見えたのですが、医薬品、化学療法、放射線治療、手術において科学技術を用いた近代医学には穴があったのです。
現代病と言われるストレスからの病や生活習慣病に対し近代医学は無力な場合が多く、そこに予防医学が生まれました。
その予防医学にアロマテラピーが有益なのです。
まだまだ、人間は植物の力を借りる必要があったということですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。