恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

精油の取り出しについて

精油は日光の影響を受けやすいです。
ですので、通常は青色か茶色もしくは緑色などの遮光ビンに入っています。

通常、ビンにはキャップがついています。
キャップをあけると、ドロッパーがついています。
ドロッパーのおかげでは精油は1滴ずつ落とすことができます。
1滴の量はおよそ0.05mlです。

精油をたらすときは、ビンを静かに傾け、1滴ずつ落として下さい。
しかし、精油の粘性により、ビンから出にくかったり、また大量に出たりすることもあります。
特にサンダルウッドやベンゾイン、ベチバーなどは粘性が高く、なかなか落ちてこない場合があります。
精油が出にくい場合はむやみに振ったりしてはいけません。
逆さにした状態でしばらく保持してみましょう。
逆に、大量に出てしまう場合は、ビンを緩やかに傾けるようにして下さい。

ビンやキャップについた精油は、ティッシュできれいに拭き取っておくと安心です。
清潔に保ちましょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。