恋の夕焼けマッサージ番長

番長がお届けするのはマッサージの方法やアロマなどのリラクゼーション情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たまにはハーブティー

ハーブティーは、精油とは違ったやり方で植物の力を体内に取り入れる方法です。
精油を用いると植物の油溶性の成分を取り込めますが、ハーブティーで飲むと水溶性の成分を取り込むことができます。

飲用により、有効成分を内服することができるのと、同時に香りの吸入効果が得られる
この二つがハーブティーの二大効果です。

ハーブティーで得ることのできる有効成分は主に水溶性です。
その為、尿と一緒に体外に排出されてしまいます。
ハーブティーを活用する際は、一度に沢山飲むよりも一日数回に分けて飲んだほうが効果が見込めます。

抽出温度と時間はハーブによって異なります。
一般的には95度以上の熱湯で花部、葉部の場合なら3~5分。
もしくは硬い根や実などの部分の場合なら10分以上抽出すると良いようです。
その間は、有効成分が揮発して逃げないように、蓋をしましょう。

そして、味や香りの好みや効能によって、自分でブレンドするのも良いですね。

主なハーブティーと作用は以下の通りです

ラベンダーは鎮静、鎮痙。
レモングラスは消化器系機能調整、中枢神経系(脳)機能調整。
ローズマリーは中枢神経系(脳)機能亢進、血液循環促進と血管壁強化。
ジャーマン・カモミールは消炎、鎮痛、鎮静、鎮痙、発汗、保湿。
ダンディライオンは肝臓、胆のうの修復および機能亢進とそれにともなう強壮、利尿。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。